ジャパン ゴルフ インダストリー カップ

インダストリーカップ

第8回 Japan Golf Industry Cup 2018 開催

10月30日(火)、当協会が主催する第8回「Japan Golf Industry Cup(ゴルフ関連企業対抗ゴルフ選手権)」が、横浜市保土ヶ谷区にある横浜カントリークラブ西コースにて開催された。
2週間前に日本オープンゴルフ選手権が開催された会場で、朝から晴天で日中は23、4度という絶好の環境でゴルフ関連企業24社2団体、169名の選手が参加した。

今年で8回目を迎えた『インダストリーカップ』の開催にあたり、当協会の馬場宏之会長は関連企業の参加者に対してつぎのように挨拶した。
「インダストリーカップは2011年の東日本大震災でゴルフ自粛が叫ばれる中、それではダメだということで、業界を挙げて協会が中心となって積極的に取り組んできたイベントです。また当協会ではこの大会と合わせてペアスクランブルゴルフ大会という新しい楽しみ方も啓蒙して多くの方に来て頂いております。そしてこのインダストリーカップも定着して多くの皆さんに参加して頂いております。
この大会は競技としての楽しみ方も有りますし、プレーや表彰式を通じて他社の方との交流も出来ます。更には社内のゴルフの啓蒙に予選会なども含めて、ゴルフを活性化することに使って頂ければと思います。
是非、ゴルフの輪を広げて頂く事で一緒にゴルフ業界を盛り上げていきたいと思いますので、ご協力のほど宜しくお願い致します」

競技はアンダーハンディ部門29チーム・114名(1チーム・4名)、スクラッチ部門(個人戦、団体戦)が14チーム・55名(1チーム・4名)の2部門で熱戦が繰り広げられた。
アンダーハンディ部門では、朝日ゴルフが初優勝を果たした。ネットトータル212.8ストローク、2位に二木ゴルフBチーム、3位はブリヂストンスポーツであった。
スクラッチ部門個人戦の優勝は田野弘幸氏(キャロウェイゴルフ)、グロス72ストローク、2位は渡邊信之氏(ゴルフダイジェストオンライン)、3位は水石琢哉氏(二木ゴルフ)であった。
団体戦の栄えある優勝は、ピンゴルフジャパンが初優勝を飾った。グロストータル233ストローク、2位はゴルフダイジェストオンライン、3位はアクシネットジャパンインクであった。

各部門の成績発表と表彰式の後、アレックス・ボーズマン東日本支部長より運営スタッフに対する感謝の言葉と参加者に対して、今後もこの大会を開催する意義としてコミュニティとコミュニケ―ションの2つの大切さを掲げ、閉会の辞が述べられた。
なお、競技結果は以下のとおり(スクラッチ、アンダーハンディは、チーム内上位3名のスコアを採用している)。

結果

スクラッチ部門(団体戦)上位3人のグロス合計
優勝  ピンゴルフジャパン  233
2位 ゴルフダイジェスト・オンライン 236
3位 アクシネットジャパンインク 238
スクラッチ部問 団体戦 優勝 ピンゴルフジャパン

スクラッチ部問 団体戦 優勝 ピンゴルフジャパン


スクラッチ部門(個人戦)
優勝 田野 弘幸 (キャロウェイゴルフ) 72
2位 渡邉 信之 (ゴルフダイジェスト・オンライン) 72
3位 水石 琢哉 (二木ゴルフ) 74

スクラッチ部問 個人戦 優勝 キャロウェイゴルフ 田野弘幸


アンダーハンディ部門(団体戦)上位3人のNET合計
優勝 朝日ゴルフ 212.8
2位 二木ゴルフB 215.0
3位 ブリヂストンスポーツ 215.3
アンダーハンディキャップ部問 優勝 朝日ゴルフ

アンダーハンディキャップ部問 優勝 朝日ゴルフ


Japan Golf Industry Cup ~ゴルフ関連企業対抗ゴルフ大会~ 開催概要

●組織:大会会長:馬場 宏之  日本ゴルフ用品協会 会長
大会副会長:米山 勉 日本ゴルフ用品協会 副会長
実行委員長:アレックスM・ボーズマン  日本ゴルフ用品協会 東日本支部支部長
競技委員長:月村 宏冶 (ブリヂストンスポーツ)
主   催 :日本ゴルフ用品協会
後   援 :ゴルフ市場活性化委員会(GMAC)
協   力 :横浜カントリークラブ
企画運営 :インダストリーカップ実行委員会
大会事務局 :日本ゴルフ用品協会
実施事務局 :ボーイズ

●開 催 日:2018年10月30日(火)

●開催コース: 横浜カントリークラブ・西コース

●競技部門:
スクラッチ部門(男・女)   団体戦(4名1組) / 個人戦
アンダーハンディ部門      団体戦(4名1組)

●募集期間: 5月14日(月)~6月29日(金)
●募集人数: 168名
スクラッチ部門(男・女共通) 16チーム 64名
アンダーハンディ部門 26チーム 104名

●参 加 費:
スクラッチ部門(男・女) 30,000 円/1チーム・4名
アンダーハンディ部門 20,000 円/1チーム・4名

●プレー費: 20,000円(税込)
1ラウンドキャディ付きプレー費、昼食、パーティー費、ゴルフ場利用税を含む

●参加規定:
・参加企業は日本ゴルフ用品協会会員及びゴルフメディア及び主催者が認めた者とする。
・選手の参加資格は1年以上社員として勤務する企業が認めた者とする。
・参加企業はいずれかのチームに役員を1名入れる事が望ましいが、もし難しい場合は事前に主催者へ申請し承認を受ける必要がある。
・アンダーハンディ部門のエントリーに際しては、チームの中に最低1名の女子または50歳以上のプレーヤーを入れなくてはならない。
・スクラッチ部門へのエントリーはアマチュア規定を有する者に限り、アマチュア規定を有しない者の参加カテゴリーはアンダーハンディ部門とする。

●競技方法:
・スクラッチ部門(女子はレディースティーを設定するが同一競技としてランキング)
18ホールズ ストロークプレー スクラッチ戦による団体戦と個人戦
<団体戦>チームの上位3名のグロススコアの合計で順位を決定。合計が同スコアの場合の上位チームは下記の順にて決定する。
① 採用されなかった4番目の選手のスコア
② 順に3番目、2番目、1番目の選手のスコア
③ すべて同スコアの場合は4番目の選手のマッチングスコアカード方式で決定
※同スコアの場合のチーム内順位は申込み時の申告によるものとする。
<個人戦>
同スコアの場合の順位は、マッチングスコアカード方式で決定する。
・アンダーハンディ部門
18ホールズ ストロークプレー アンダーハンディキャップによる団体戦
ハンディキャップはダブルぺリア方式にて算出
順位はチームの上位3名のネットスコアの合計で決定し、ハンディキャップ算出のための採用スコアの上限はトリプルボギーまでとし、ハンディキャップの上限は40、合計が同スコアの場合の上位チームの決定は下記の順にて決定する。
① 上位3名のハンディキャップ合計
② 採用されなかった4番目の選手のネットスコア
③ 次に3番目、2番目、1番目の選手のネットスコア
④ すべて同スコアの場合は、4番目の選手のグロススコアによる西コースでのカウントバック方式にて順位を決定
※同スコアの場合のチーム内順位は申込み時の申告によるものとする。

第8回 Japan Golf Industry Cup 2018 参加企業

スクラッチ部門 14社 14チーム 56名
(株)ゴルフ・ドゥ、ヤマハ(株)、(株)フォーティーン、アクシネットジャパンインク、楽天(株)、キャロウェイゴルフ(株)、( 株)二木ゴルフ、テーラーメイドゴルフ(株)、ミズノ(株)、ヨネックス(株)、(株)ゴルフダイジェストオンライン、グローブライ ド(株)、ピンゴルフジャパン(株)、住友ゴム工業(株)
アンダーハンディ部門 20社 2団体 29チーム 116名
日本シャフト(株)、(株)ゴルフ・ドゥ、藤倉ゴム工業(株)、 (株)フォーティーン、ヤマハ(株)、アクシネットジャパンインク 、(株)ヤマニ、キャロウェイゴルフ(株)、プロギア(株)、(株)二木ゴルフ、テーラーメイドゴルフ(株)、ヨネックス(株)、( 株)ゴルフダイジェストオンライン、住友ゴム工業(株)、ブリヂストンスポーツ(株)、(株)本間ゴルフ、朝日ゴルフ(株)、(株) ゴルフ用品界社、マルマン(株)、ヤマト徽章(株)、GMAC、JGGA